痛みに弱い人はデリケートな部分の脱毛は厳しいの?

痛みに弱い人というのはいるものです。
同じ痛みが与えられたとしても、ある人によってはまあまあ耐えられるぐらいの痛みくらいな感じなのに、またある人にとっては体がびくっと跳ね上がってしまったり、脂汗が流れ出てしまうような痛みに感じてしまったりするものです。
ですから、他人が述べた痛みの表現は自分には当てはまらないかもしれません。
また、体調や、その時の気分、周囲の雰囲気などによっても、かなり痛みの感じ方は変わってくるものです。
そんな中で、この脱毛の痛みについて表現するとするならば、施術の方法、部位、毛の濃さなどによって、痛みはかなり変わるといういうことになります。
一般に出力の高い医療レーザーでの脱毛のほうが痛いですが、医療レーザーを使えるところは病院ですので、麻酔も使えることが多いです。
VIO脱毛のように痛みの強い所は絶対に麻酔を使って欲しい場合は医療クリニックでの施術がよいでしょう。
エステサロンでの光脱毛は医療レーザーほどの効力はありません。
ですから、一般には痛みはレーザーよりは弱いです。
が、医療クリニックのように、麻酔が色々揃っていたりすることはありません。
このように、痛くても麻酔を使ってもらえたり、エステサロンでの、出力の弱めな光脱毛を選んだり出来ます。
ですから、痛みに弱い人でも、脱毛を完全に諦めなくても大丈夫でしょう。
方法はあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です